フリーソフトを使ってデジタルスクラップブッキングする方法 その2

手順18
手順18

立体感を表現するために、画像にシャドウを入れていきましょう。

 

左上「ツールボックス」の[ズーム]を選び、右上あたりでクリックします。

 

 

手順19
手順19

画像全体が拡大され、細かい場所が見やすくなりました。

 

 

手順20
手順20

ポットのイラストの画像を選択したうえで

「フィルター」メニューの「照明と投影」→「ドロップシャドウ」を選択します。

 

※画像を選択するにはレイヤーウィンドウの欄をクリックして選択します。

 

 

手順21
手順21

数値はあとから変更できますので、とりあえずこのまま「OK」します。

 

 

手順22
手順22

ポットのイラストに、ドロップシャドウ(影)がつきました。

 

シャドウをやり直すには、右上「レイヤー・ブラシ」ボックスの、ポットの欄の下に「Drop Shadow」というレイヤーがありますから、それを削除(右下のごみ箱にすてます)して、新しくまた設定しなおしましょう。

 

他の画像も、必要があればシャドウをつけてください。

これで画像の配置、影をつける作業が完了しました。

 

次に、テキストを入れていきましょう。

次のページ→